障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害福祉サービス

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害福祉サービスには、就労移行支援事業・就労継続支援A型事業・就労継続支援B型事業・自立訓練(生活訓練)とあります。

 

就職活動を積極的に行っていきたいと思っている方であれば、就労移行支援事業を利用していきます。決まった時間に就寝・起床する習慣や体力を身につけていきたいなど生活リズムを整えていきたい方は、自立訓練(生活訓練)を利用していきます。

 

就労継続支援A型・B型事業は、福祉施設での就労となります。就労継続支援A型事業は雇用型になりますので最低賃金をもらえますが、B型は非雇用型なので最低賃金をもらえません。

 

あなたのそのときの状態や状況を考えて、就職前の準備訓練で何を学び身につけたいかで求められる支援も変わってきます。各サービスのことをよく理解したうえで利用を検討していきしょう。

 

詳しく知りたい方はこちら

 

<<圧倒的な就職率を誇る障がい学生のための就活情報サイト>>

 

<<20年以上の実績を誇る障がい者のための無料の転職紹介サービス>>

障害者の就職を支援する主な関係機関

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害をお持ちの方で、就職に対する不安や悩みがあれば、障害者の就職をお手伝いしていただける就労支援の各機関に相談することをおすすめします。

 

各機関には就労の専門スタッフがいますので、その方に相談することで悩みのタネをいち早く解決することができます。たとえば、「一人で就職活動をすることに不安を抱いている方」、「自分に合う職種が分からない方」、「前の職場に復帰したい方」など、一人ひとりのニーズに対してきちんとお答えします。

 

就職を諦めかけていた方は、この機会に就労支援の各機関のことを知って優位に就職活動を進めていきましょう。

 

就職に成功しているほとんどの方は、支援が受けられる就労機関を利用しプロの就労支援員と一緒に就職活動を行っています。就職したあとも働き続けることができるように定期的にサポートを受けることがきます。

 

就労支援の主な関係機関は、ハローワーク(公共職業安定所)、地域障害者職業センター、障害者就業・生活支援センター、職業準備訓練センター、障害者職業能力開発校があります。これらの機関が一体となって、あなたの就職をサポートしてきいます。

 

詳しく知りたい方はこちら

障害者求人の給料について

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害者求人の給料は、一般求人と比べて少ないと思われがちですが、一概にそうは言い切れません。

 

現在は短期労働をしている精神障害者が増えているので、全体的にみれば給料は一般と比べて低いかもしれませんが、給料とは別に障害年金をいただくことで自立した生活が送れるだけのお金は入ってきます。

 

障害年金をいただいていない方でも、特殊なスキルを身につけていれば大手企業に就職することができますし、年収300万円を超えることも夢ではありません。

 

就職活動を行っている方の大半は、ハローワークで求人検索を行い就職先を見つけていると思いますが、ハローワーク以外にも求人を探すことができる方法があります。その方法を実践していけば、あなたが希望とする給料がもらえる会社に就職することも可能です。

 

その方法とは、インターネット上に答えが隠されています。

 

詳しく知りたい方はこちら

障害年金の留意点

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

就職して働き出すと、障害年金がもらえなくなるのではないかと心配されている方がいますが、年金の支給停止にはきちんとした条件があります。

 

障害基礎年金と障害厚生年金に共通する支給停止の条件であれば、当該傷病による障害について、労働基準法の障害補償を受けることができる場合や、障害の程度が回復して障害等級に該当しなくなった場合などの条件にあたいしたときに年金の支給が停止されます。

 

その他にも、20歳前障害による障害基礎年金だけに適用される支給停止の条件もあります。

 

障害の中でも特に、精神障害者に年金の支給停止を受けることが多いと聞きます。その理由として、発症前と比べて長期的な治療を行っていけば症状が軽くなり、さらに働きだして障害の状態がよくなった場合は、支給を停止されることがあるからです。

 

このように、障害年金を受けとることができたからといって、条件によって支給を停止されることがありますのでしっかりとおさえておきましょう。

 

詳しく知りたい方はこちら

障害者手帳のメリット・デメリット

障害者のための福祉サービス・制度・機関まるわかりサイト

障害者手帳には、身体障害者手帳・知的障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳の3つあります。手帳を持つことによって、メリットやデメリットがあります。

 

メリットについて、公共機関や税制面などの点で割引・減免制度も受けることができます。手帳を持っていることで、受けれる制度やサービスについて詳しく書いていますので参考にしてみてください。

 

また、それぞれ申請する書類が少し違っていますので、申請方法をよく確かめてから間違いのないように手続きを行いましょう。

 

手帳は就職活動を行っていく中で、かなり有利なものになります。ハローワークで障害者求人を見るのに必要ですし、障害年金を申請するときにも必要になってきます。

 

お住まいの自治体によっては、活用することができる制度やサービスがかなり違ってきます。詳しくはどこに問い合わせればいいのかもまとめています。

 

詳しく知りたい方はこちら

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 障害福祉サービス 障害者求人の給料 障害年金の留意点 手帳のメリット・デメリット